給付金の使える教習所

免許と一口に言っても、転職のため大型免許や特殊免許を取得したいという方もいらっしゃるでしょう。そこで、免許を取得する際に気になるのは、やはり料金ではないでしょうか。普通車の免許を持っていても、新たに免許を取るとなるとどうしても同じくらいのお金がかかってしまいます。

しかし、「教育訓練給付金制度」というものを利用すれば、免許にかかる費用の一部がキャッシュバックされるのです。教育訓練給付金制度は、働く人のスキルアップや離職した人の再就職を応援するために、特定の免許だけで利用できる雇用保険の給付制度です。利用条件には、雇用保険に加入したことがあるかなどの細かい制限がついているため、利用する場合は一度ハローワークで確認しておくと良いでしょう。

それでもこの給付金を使用すれば、かなりお得に免許を取得することができるのです。教育訓練給付金制度を利用できる教習所は、国の認可を得た教習所でなければならないため、数に限りがあります。教習所ならばどこでも良いというわけではないので合宿先は絞られてきますが、国の認可が下りている場所なので安心して免許合宿に励めるのではないでしょうか。アクセスしやすい場所や価格などを比較して、合宿先を選びましょう。

価格以外の特徴を見る

免許合宿先を決めた段階でよく聞く失敗は「合宿先の料金が安いという理由だけで決めてしまった」ことです。料金が安い教習所の中には、価格以外の側面で何かしら我慢すべきポイントがあるのかもしれません。こうした失敗を避けるためにはどうしたら良いのでしょうか。

合宿先を決定する際に参考にしたい点は、価格以外のポイントです。免許取得のための合宿と言っても、半月ほどの間はそこで寝泊まりするわけですから少しでも快適に泊まれる場所の方が、負担が少なくて済むのではないでしょうか。泊まる部屋が相部屋なのかシングルルームなのか、一体どのくらいの広さなのかなど細かい点もチェックしておくことが大切です。

また現在は、エステやネイルの特典付きプランや、近くに温泉やマリンスポーツができる教習所など、免許以外の娯楽も売りの一つ。たかが半月程度でもわざわざ時間を割くわけですから、いつもは体験できない有意義な時間の使い方ができた方が得かもしれません。中には、楽しみのある教習所を選択した方が免許合宿も頑張れるという方もいらっしゃるでしょう。そのような方は、付加価値のある合宿先を選択しましょう。このような娯楽特典も合宿先の魅力なので、ぜひ比較検討する材料にして、自分に合った教習所を選んでください。

免許合宿先の選び方

車の免許を取りたいときに考えるのが、合宿に参加して免許を取得する方法です。免許合宿ならば、短期間で免許を取得することができ、毎日一定の時間車を運転するので技術も身に付けやすくなります。また、通学で免許講習を受けるよりも費用を安く抑えられるプランがほとんどなので、免許合宿を利用する方は多くいらっしゃるでしょう。ただし前提として、免許合宿は一定期間泊まりがけで免許を取得するため、まとまった休暇が必要になります。学生ならば長期休暇中に受ける方がほとんどでしょう。社会人で免許合宿に行く際は、長めの休暇が取れるのかどうか確認する必要があります。長期休暇を取るのが難しい方は、通学で免許を取得するしかありません。

さて、合宿に行くための休暇も取って、いざ免許合宿へ行こうとしても、ここでまた問題が発生してしまいます。それは、合宿先をどこに決めればいいのか分からないという問題です。免許合宿を行っている場所は全国に多数あるため、一体どこの合宿先が良いのか基準を設けておかないと決めきれません。他にも、どの部分で違いがあるのか、はたまたどこでも同じなのか、価格が安いところで大丈夫なのか、など不安に思うことがたくさんあるのではないでしょうか。

そこで当サイトでは、免許合宿先を選ぶときに参考にしてほしいポイントや、免許の種類によって使用することができる給付金制度についてご紹介します。ぜひ、免許合宿先を決める一目安としてご活用ください。